会社の破産手続きに要する費用 |京都で債務整理、借金問題を弁護士に相談|都総合法律事務所

京都の債務整理借金問題を弁護士に相談

都総合法律事務所

初回相談無料!24時間対応!(留守番電話受付)

電話番号メールでのご相談

会社の破産手続きに要する費用

会社が破産する場合、破産手続きを行うことになります。

破産手続きを行う場合、費用はいったいどのくらいかかるのでしょうか。

 

破産手続きにかかる費用は、

①裁判所に納める費用

②弁護士費用

③実費です。

 

裁判所に納める費用

破産手続きの申立てを行う場合、裁判所に予納金や官報公告費を納めなければなりません。

これらの金額は、裁判所によって異なります。

予納金とは、破産管財人が破産手続きを行うための費用及び破産管財人の報酬に用いられる費用です。

最近では、裁判所に一旦納めるのではなく、破産管財人に直接引き継ぐ方法をとる裁判所も多くあります。

京都地方裁判所の場合、予納金の額は20万円程度です。

会社破産は必ず管財事件となりますので、個人の同時廃止事件の場合よりも高くなっています。

また、事案によってはさらに高くなる可能性もあります。

官報公告費とは、官報に掲載する際にかかる費用です。

官報は国により発行されており、会社が裁判所から破産開始決定を受けると、官報に掲載されることになります。

官報公告費は、会社の破産の場合、1万5千円程度かかります。

 

弁護士費用

破産申立ての手続きを弁護士に依頼する場合、弁護士費用がかかります。弁護士費用は、弁護士によって様々です。

 

実費

ほかにも実費として、破産申立書に貼付する収入印紙代や裁判所に納める切手代、代理人弁護士が債権者に送る通知の郵送費などの費用がかかってきます。

原則として会社破産の場合、収入印紙代は千円、切手は4千500円程度です。郵便切手代は、債権者数に応じて決定されます。

 

 

会社の倒産手続は、複雑です。まずは、弁護士に御相談ください。

 

 

債務整理・借金問題を弁護士に相談

返済地獄から速やかに救出します!!

借金の御相談

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

京都 借金相談

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

京都 借金相談
https://kyotosyakin.com

 

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

https://www.bengo4.com/kyoto/a_26100/g_26106/l_435485/#pro1

https://legal.coconala.com/lawyers/1146

 

LINE@にて、お友達登録よろしくお願いいたします。

https://page.line.me/492iyygt?openQrModal=true

 

YouTube チャンネル にて、放映中です。

https://www.youtube.com/channel/UCd_T5ov-pYPnuviH2mKwVag

 

 

その他のコラム

借金のことを家族に秘密にしたまま借金の整理ができるものなのか?

  家族に内緒で借金をしてしまい、毎月の返済が苦しくなってお困り方も多いのではないでしょうか?   債務整理のなかには、「任意整理」「自己破産」「個人再生」の手続きがあります。 「任意整理」は裁判所を通さずに弁護士が債権者と直接交渉をしますので、家族に知られるリスクはほとんどありません。 ただし、任意整理をしてもブラックリストに登録されてしまうため

少額管財手続き

会社の破産手続きを進める場合、基本的に管財事件となります。 管財事件では、管財人が破産手続きを行いますが、その費用は破産者が負担する必要があります。 管財人にかかる費用は予納金として納めることとなっています。 予納金の額は負債額によって異なるものの、かなり高額になっています。 負債額が5千円未満であっても70万円かかりますし、負債額が100億円以上になると700万円かかりま

会社破産と代表者

  会社が破産しても、法律上、代表者個人は会社の債務について責任を負わないのが原則です。 ただし、代表者個人が会社の連帯保証人等になっている場合には、代表者には会社の借金を返済する義務があります。 代表者が自己の財産を処分することで会社の残債務を弁済できるのであれば問題はありませんが、それができない場合は、会社の破産と同時に代表者も破産を申立てることになります。

会社の破産手続きの流れ 

会社が破産する場合、次のような流れで手続きが進みます。   破産手続き開始の申し立て まず、破産をするためには、破産手続き開始の申し立てを行う必要があります。 そのため、申立てを行うために、大量の必要書類・資料を集め、申立書などの書類を作成する必要があります。 弁護士に手続きを依頼するのであれば、集めるべき書類の指示を受けることができ、申立書などの書類は

会社の破産手続きに要する費用

会社が破産する場合、破産手続きを行うことになります。 破産手続きを行う場合、費用はいったいどのくらいかかるのでしょうか。   破産手続きにかかる費用は、 ①裁判所に納める費用 ②弁護士費用 ③実費です。   裁判所に納める費用 破産手続きの申立てを行う場合、裁判所に予納金や官報公告費を納めなければなりません。 これらの

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

050-5362-7577

24時間対応(留守番電話受付)

LINEやWeChat、Skypeでの
御連絡、法律相談も可能です。

  • 共通ID

    hlawosakajp
  • LINE
  • WeChat
  • Skype
電話番号050-5362-7577 メール LINE