破産手続き開始原因としての「支払不能」 |京都で債務整理、借金問題を弁護士に相談|都総合法律事務所

京都の債務整理借金問題を弁護士に相談

都総合法律事務所

初回相談無料!24時間対応!(留守番電話受付)

電話番号メールでのご相談

破産手続き開始原因としての「支払不能」

会社が破産する場合、破産手続き開始の申立てを行い、破産手続き開始決定がなされる必要があります。

破産手続き開始決定がなされるためには、破産法で定められた形式的要件と実体的要件を満たす必要があります。

このうち実体的要件として、

① 債務者に破産手続き開始原因があること、

② 債務者に破産障害事由がないことの2つの要件があります。

この1つ目の要件である、破産手続き開始原因には、支払不能と債務超過が該当します。

このうちの支払不能とはどういった状態を指すのでしょうか。

 

支払不能とは、

「債務者が、支払能力を欠くために、その債務のうち弁済期にあるものにつき、一般的かつ継続的に弁済することができない状態」のことをいいます(破産法2条11項)。

ここから、支払不能とは、

① 支払能力を欠いていること、

② 弁済期にある債務を弁済できないこと、

③ 一般的かつ継続的に弁済できないこと、

④ 客観的にみて支払不能の状態であることを満たす場合であると解釈されています。

 

支払能力を欠いていること

支払能力を欠いているとは、金銭などの財産上の給付を行える経済的能力がないということです。

支払能力を欠いているかどうかは、債務者の財産、信用、労務の3要素を総合考慮することで判断されます。

 

弁済期にある債務を弁済できないこと

弁済期にある債務を弁済できないとは、弁済期がすでに到来している債務を支払えないということです。

弁済期が到来していない債務を支払えない見込みであっても、弁済期がすでに到来している債務を支払っている場合には、支払不能に該当しません。

 

一般的かつ継続的に弁済できないこと

一般的かつ継続的に弁済できないとは、弁済の一般性と継続性を欠いているということです。

弁済の一般性を欠くとは、総債務を通常通りに支払うことができないということです。

一部の債務を弁済している場合でも、総債務を弁済する資力が不足していれば、弁済の一般性を欠くとみなされます。

一方で、一部の債務を弁済していない場合でも、総債務を弁済できる資力がある場合には、弁済の一般性を欠くことにはなりません。

また、弁済の継続性を欠くとは、弁済できない原因が、一時的な資力の喪失でないということです。

今月は一時的に支払えなかったけれど、来月以降は通常通り支払える場合には、弁済の継続性を欠くことになりません。

 

客観的にみて支払不能の状態であること

上述した①から③に該当しない場合でも、客観的に支払い能力がなく、一般的かつ継続的に弁済期にある債務を弁済できない状態と判断される場合にも、支払不能と評価される場合があります。

客観的にみて支払不能の状態であると推定される事情の一つとして、支払停止が挙げられます。

支払停止とは、債務者が明示的または黙示的に外部に対して支払不能であることを表明していることをいいます。

明示的な支払停止としては、2回以上の手形不渡りにより銀行の取引停止処分を受けた場合や、各債権者に支払いができなくなった旨の通知をした場合などが該当します。

黙示的な支払停止としては、廃業した場合や、店舗・事業所等の閉鎖をした場合などが該当します。

 

 

債務整理・借金問題を弁護士に相談

返済地獄から速やかに救出します!!

借金の御相談

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

京都 借金相談

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

京都 借金相談
https://kyotosyakin.com

 

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

https://www.bengo4.com/kyoto/a_26100/g_26106/l_435485/#pro1

https://legal.coconala.com/lawyers/1146

 

LINE@にて、お友達登録よろしくお願いいたします。

https://page.line.me/492iyygt?openQrModal=true

 

YouTube チャンネル にて、放映中です。

https://www.youtube.com/channel/UCd_T5ov-pYPnuviH2mKwVag

 

その他のコラム

会社破産と代表者

  会社が破産しても、法律上、代表者個人は会社の債務について責任を負わないのが原則です。 ただし、代表者個人が会社の連帯保証人等になっている場合には、代表者には会社の借金を返済する義務があります。 代表者が自己の財産を処分することで会社の残債務を弁済できるのであれば問題はありませんが、それができない場合は、会社の破産と同時に代表者も破産を申立てることになります。

私的整理とは。 

法人の倒産・再生といわれる手続きとしては、破産、民事再生、会社更生などが挙げられることが多いです。 これらは法律上に定めがある手続きです。   一方で、法律に定められた法的手続きによらずに債務整理を行うことも可能です。 この債務整理を「私的整理」といいます。   私的整理も、法律上の手続きと同様に、再建型と清算型があります。 再建型の債

裁判所から通知が来た!! 今後の流れや対処法は?

  借金を滞納し続けていると、裁判所に訴訟や支払督促の申立てをされることがあります。 ある日突然裁判所から「特別送達」という郵便で訴状や支払督促申立書が届き、驚かれる方も多いでしょう。 裁判所からの呼び出しを無視し続けて判決や仮執行宣言付支払督促がでてしまうと、債権者はいつでもあなたの財産を差押えることができる状態になります。 差押えの対象となる財産はさまざまです

私的整理手続きの代表的な手法

私的整理手続きの代表的な手法には、 ①任意交渉、 ②私的整理ガイドライン手続、 ③事業再生ADR、 ④中小企業再生支援協議会を通じた交渉があります。 それぞれについて以下で概観したいと思います。   任意交渉 任意交渉は、私的整理の中でも最も基本的な方法です。 任意交渉とは、債務者である事業者とその債権者が任意に交渉して合意する債

会社の破産により会社自体に及ぼす影響

  会社が破産した場合、会社そのものはどのような状態になるのでしょうか。   1 会社の財産 会社が破産すると、会社のすべての財産・資産は処分・清算されます。 この財産・資産には、有形無形を問わずすべて含まれます。処分・清算は、裁判所が選任する破産管財人が行います。     2 会社の契約 破産した会社が

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

050-5362-7577

24時間対応(留守番電話受付)

LINEやWeChat、Skypeでの
御連絡、法律相談も可能です。

  • 共通ID

    hlawosakajp
  • LINE
  • WeChat
  • Skype
電話番号050-5362-7577 メール LINE