破産申立と強制執行の関係 | 京都で債務整理、借金問題を弁護士に相談|都総合法律事務所

京都の債務整理・借金問題を弁護士に相談

都総合法律事務所

初回相談無料!24時間対応!(留守番電話受付)

電話番号メールでのご相談
破産申立と強制執行の関係
2022.04.16

破産を申立て、破産手続の開始決定がなされると、強制執行(給与の差押など)はできなくなります。   すでに破産の申立て前になされていた強制執行についても、開始決定後は手続きが失効します。   また、破産申立の前後に提起された訴訟については、開始決定後に取下げに応じてくれる債権者がほとんどですし、免責決定が確定した時点で債権者の請求は棄却されることになります。   訴訟・裁判の対応は、司法書士にはできません。 司法書士は、法律相談も、代理業務もできません。 司法書士が、弁護士と同様の業務をすることは違法であり犯罪行為です。 司法書士に債務整理を依頼することでトラブルに...

続きを読む
返済に追われて精神的にマイッてしまった状態からの救...

借金が多くなり、返済地獄に陥り、毎日のように借金の返済の督促の電話が来て、精神的にノイローゼになってしまい、 弊所に救済をもとめて来られました。 個人破産を選択されるようにアドバイスをさせていただき、 全ての金融機関に弊所弁護士から連絡し、全ての金融機関からの督促の電話がスグに止まりました。 精神的に、すごく楽になったとのことです。

続きを読む
ワンルームマンションの投資で行き詰まる。

ワンルームマンションを不動産会社の営業の話にのって、数戸、ローンを組んで購入したが、空室、サブリース契約の変更など、当初の話と異なる事態に陥り、弊所に御相談。

続きを読む
高齢者の方のための債務整理

高齢の方に借金があり、年金から借金を返済し生活苦になっており弊所に御相談。

続きを読む
破産すると危害を加えると脅迫されている。

会社の経営が行き詰まり、破産するのが不可避であるが、破産したら危害を加えると脅迫されており決断できないと悩まれて弊所に御相談

続きを読む
夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

050-5362-7577

24時間対応(留守番電話受付)

LINEやWeChat、Skypeでの
御連絡、法律相談も可能です。

  • 共通ID

    hlawosakajp
  • LINE
  • WeChat
  • Skype