過払い金請求の進め方 | 都総合法律事務所

京都の債務整理・借金問題を弁護士に相談

都総合法律事務所

初回相談無料!24時間対応!(留守番電話受付)

電話番号メールでのご相談

過払い金請求の進め方

ラジオやテレビのCMで、過払い金という言葉を見聞きすることが多くなってきました。
過払い金について何となく知っていたとしても、自分とは無関係だと感じている人の方が多いものです。
今回は、過払い金とはいったい何なのか、どのような流れで請求するのか、請求時にどのような書類が必要になるのかといった点について解説していきます。
 

過払い金とは?

過払い金は、借金を返済する際に法律で決められている上限を超えた金利に基づいて債権者に支払ったお金のことを指します。
上限を超えて利息を払っている場合に過払い金が発生します。
過払い金が発生するようになった背景には、利息制限法と出資法という法律が関係しているのです。
2010年6月17日までは利息制限法だと上限金利は15.0%~20.0%/年、出資法だと上限金利は29.2%/年と設定されていました。
金利に大きな差が存在していたため、利息制限法だと違法になるけれど、出資法だと合法になるといったケースも往々にしてありました。
それはグレーゾーン金利と呼ばれているものになります。
このグレーゾーン金利の間に利息を設定している債権者も多かったため、2006年1月13日に過払い分を債務者が返還請求できるという判決も下されることになりました。
そして、2010年6月18日に貸金業法が改正され、出資法の上限金利は20.0%/年に変更されています。
 

過払い金請求の流れについて

では、過払い金の請求がどのような流れで行われるのかといった点についてもみていきましょう。
 

①法律事務所に相談する

まずは、過払い金の有無を調べてもらうために法律事務所に相談しましょう。
最近では多くの法律事務所が、過払い金の返還について精力的に活動しています。
そのため、近くに事務所がある場所を探し、相談してみてください。
 

②受任通知を送付する

過払い金があることが分かったら、法律事務所から債権者に対して受任通知が送付されます。
これは、弁護士が介入することを示すもので、返済や取り立てが停止します。
ただし、返済や取り立てが呈するのは、弁護士や司法書士が受任通知を出した場合のみとなっているので、債務者自身が請求書を出した場合は返済を継続しなければいけません。
 

③引き直し計算をする

利息制限法に基づいた、引き直し計算を行います。
これまでの取引履歴をチェックし、過払い金がどのくらいあるか調べるのがこの段階です。
債権者から情報が開示されるまでには1ヶ月~3ヶ月ほど時間がかかるケースが多いです。
ただし、債権者によってはなかなか開示してくれない場合もあるので、それ以上の時間を要するケースもないとは言い切れません。
そのため、ある程度時間がかかることを念頭に置いておく必要があるでしょう。
 

④債権者に対して返還請求を行う

過払い金がどのくらいあるか判明したら、債権者に対して返還請求を行います。
返還請求を行うための請求書は、依頼した法律事務所が発行してくれるので債務者は特に用意すべきものはありません。
 

⑤交渉する

返還請求を行うための請求書を送付したら、交渉がスタートです。
弁護士が書面や電話で返還する金額や変換する日などを交渉してくれます。
もし債権者が過払い金の返還に応じる様子が見られなかった場合は、裁判所で訴訟を起こすことになります。
 

⑥合意書を交わし過払い金を返還してもらう

返還請求を行うための請求書を送付し、債権者が応じてくれたら合意書を交わします。
そして、返還日までに指定した金額が入金されたか確認し、返還されていれば過払い金請求は完了です。
 

過払い金を請求するため必要となる書類

最後に、過払い金請求をする際に必要となる書類はあるのかみていきましょう。
過払い金請求をする場合、これといって必要な書類はありません。
債権者との契約書、入金の履歴、カード、振込明細などがなかったとしても、過払い金は請求できます。
また、いつ頃借金をしていたかという点が曖昧であっても、問題ありません。
なぜかというと、過払い金請求は債権者に対して情報開示請求し、これまでの取引記録を全て確認できるからです。
取引記録からどの程度債権者に支払ったか計算できるので、振込明細などが必要ないということになります。
 
しかし、債権者の名前だけは覚えている必要があります。
どこからお金を借りていたかが分からなければ、開示請求する先が分からないからです。
そのため、業者名が分からないと過払い金を請求できなくなってしまう可能性があるので注意しなければいけません。
 

まとめ

過払い金は、債権者からお金を借りていた期間によっては、かなりの金額になる可能性もあります。
そのため、請求を検討してみる価値は大きいと言えるでしょう。
ただし、弁護士などの専門家に相談せず自分で請求書を送ってしまうのは無意味になってしまいます。
正しい金額を請求するためにも、過払い金返還請求を得意としている法律相談所へ相談してみてください。
そうすることで、今まで利息として支払い過ぎていたお金を取り戻せる可能性が大幅に高くなることでしょう。

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

050-5362-7577

24時間対応(留守番電話受付)

LINEやWeChat、Skypeでの
御連絡、法律相談も可能です。

  • 共通ID

    hlawosakajp
  • LINE
  • WeChat
  • Skype