自己破産をすると今の仕事にどんな影響がでるの? |京都で債務整理、借金問題を弁護士に相談|都総合法律事務所

京都の債務整理・借金問題を弁護士に相談

都総合法律事務所

初回相談無料!24時間対応!(留守番電話受付)

電話番号メールでのご相談

自己破産をすると今の仕事にどんな影響がでるの?

自己破産が会社に知られてしまっても、それを理由に解雇されることはありません。

降格や減給の原因にもなりません。

もし会社が自己破産を理由に解雇をすることがあれば、不当解雇となり会社側が罰せられることもあります。

 

ただし、次に挙げたような一定の資格を有して仕事を行っている人、一定の職業についてはそのまま仕事を継続できない場合があります。

士業全般 弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、社会保険労務士 など

法律上の許認可が必要な職業 貸金業、質屋、宅地建物取引業、警備業、旅行業 など

ただ、ほとんどの場合、このような制限がいつまでも続くわけではありません。

自己破産の手続きを開始すると、上記のような資格や職業に制限を受けることになりますが、その後自己破産が許可され免責決定が確定すると制限は解除され、復職することができます。

 

債務整理・借金問題を弁護士に相談

返済地獄から速やかに救出します!!

借金の御相談

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

京都 借金相談

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

京都 借金相談
https://kyotosyakin.com

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

https://www.bengo4.com/kyoto/a_26100/g_26106/l_435485/#pro1

https://legal.coconala.com/lawyers/1146/specialty/4#anchor__profile

LINE@にて、お友達登録よろしくお願いいたします。

https://page.line.me/492iyygt?openQrModal=true

YouTube チャンネル にて、放映中です。

https://www.youtube.com/channel/UCd_T5ov-pYPnuviH2mKwVag

 

 

その他のコラム

過払い金返還請求において気を付けるべきこと

CM等で耳にする「過払い金」。 過払い金とは、借金をし、返済を指示通りに行っていたものの、金利が利息制限法で定められている上限の金利額を超えており、余分にお金を支払ってしまっていたそのお金のことを指します。 この払いすぎたお金を返してもらうのが過払い金返還請求ですが、そこには注意点も存在します。 1つ目の注意点は、過払い金返還請求は借金を完済しないで行った場合、債務整理をしたのと

債務整理によるデメリット

  債務整理を行おうと考えた際にまず頭によぎるのは、「債務整理には一体どんなデメリットがあるのだろうか?」ということだと思います。 今回は、そんな債務整理のデメリットについてまとめていきます。 デメリットとしては主に、 ①一部の職業が制限されること、 ②保証人に対して請求がなされること、 ③事故情報として信用情報が登録されること、 ④官報に掲載さ

執行猶予付き有罪判決とタクシー免許の取消しの関係

タクシーなどの一般旅客自動車運送事業の許可は、道路運送法に基づき行われます。 もっとも、欠格事由に該当してしまった場合には、許可が認められません。 または取り消されます。 この欠格事由として、道路運送法7条1号は、「許可を受けようとする者が一年以上の懲役又は禁錮の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から五年を経過していない者であるとき。」と定めていま

ブラックリストとは?

債務整理をすると、そのことが事故情報として信用情報機関に一定期間登録されることになります。 信用情報機関とは、あなたのお金の貸し借りに関する記録を保有する機関のことで、銀行などが申込者を審査する際に利用されています。 いわゆる「ブラックリストにのる」とは、このことを指します。 ブラックリストに登録されている間は、クレジットカードの利用や作成、ローンを組むことなどができなくなります

自己破産や個人再生をしたときに掲載される官報とは?

官報とは、政府が発行する新聞のようなものです。 破産などの裁判所公告のほか、法令の交付などを目的に、ほぼ毎日発行されています。 ただ、大半の方の目にとまらないのが日常となっております。   債務整理・借金問題を弁護士に相談 返済地獄から速やかに救出します!! 借金の御相談 夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。 年中無休・24時間予約受

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

050-5362-7577

24時間対応(留守番電話受付)

LINEやWeChat、Skypeでの
御連絡、法律相談も可能です。

  • 共通ID

    hlawosakajp
  • LINE
  • WeChat
  • Skype