債務整理によるデメリット |京都で債務整理、借金問題を弁護士に相談|都総合法律事務所

京都の債務整理借金問題を弁護士に相談

都総合法律事務所

初回相談無料!24時間対応!(留守番電話受付)

電話番号メールでのご相談

債務整理によるデメリット

 

債務整理を行おうと考えた際にまず頭によぎるのは、「債務整理には一体どんなデメリットがあるのだろうか?」ということだと思います。

今回は、そんな債務整理のデメリットについてまとめていきます。

デメリットとしては主に、

①一部の職業が制限されること、

②保証人に対して請求がなされること、

③事故情報として信用情報が登録されること、

④官報に掲載されることの

4点が挙げられます。

 

①     一部の職業制限

一部の職業制限は、債務整理のうち自己破産をした場合に発生します。

例えば、警備業法では、破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者は警備業を営んではならないと規定されています(警備業法3条1号)。すなわち、破産手続を開始し、免責決定が確定しない期間は、警備業を営むことができません。

また、生命保険会社のために保険契約の締結の代理又は媒介を行う生命保険募集人に関しても規制があります。破産手続が開始し、免責決定が確定しない期間は、生命保険募集人の登録を申請しても拒否されてしまいます(保険業法279条1号)。

さらに、取締役や監査役といった役員が破産手続開始の決定を受けた場合、役員らへの委任は終了してしまいます(民法653条1号)。そのため、役員らは退任しなければなりません。

もっとも、役員らの欠格事由から破産者が除外されたため、退任した役員らを即時に再任することは可能です。

 

②     保証人への請求

債務整理を行う借金に保証人がついている場合、保証人に対して請求がなされます。

保証人に対する請求は、一括請求が通常です。

ただし、学生支援機構の奨学金については、保証人からの分割請求が行われています。

自己破産・個人再生を行った場合には、保証人の債務は残存するため、債権者から保証人に対して請求がなされます。

主債務者が再生計画に則って支払った額については、保証人の債務も減額されます。

任意整理の場合も保証人に対して請求が行われますが、保証人も一緒に任意整理を行うことができます。

そのため、主債務者が和解に基づいてきちんと支払いを行えば、保証人が支払う義務はありません。

もっとも、保証人も任意整理を行うことで、保証人の信用情報に事故情報が登録されてしまう可能性があります。

したがって、こういった保証人への影響を避けるために、保証人がついていない債権のみ債務整理を行うことが、任務整理の場合には可能です。

 

③     事故情報の登録

どの債務整理を行ったとしても、債務整理を行った本人の信用情報に事故情報が登録されてしまいます。

事故情報が登録される期間は、自己破産や個人再生なら約5~10年、任意整理なら約5年となっています。

事故情報が登録されると、クレジットカードが作成できなかったり、借り入れが制限されたりします。

 

④     官報公告

自己破産・個人再生の場合、官報に事件番号、住所、氏名が掲載されます。

官報公告を見る人はあまりいないかと思いますが、掲載されている住所および氏名をもとに、闇金業者等からダイレクトメールが届く可能性があります。

 

 

注意すべきは、司法書士による債務整理です。

司法書士は、法律相談も、代理業務もできません。

司法書士が、弁護士と同様の業務をすることは違法であり犯罪行為です。

司法書士に債務整理を依頼することでトラブルになったり、犯罪に巻き込まれる可能性がありますので御注意ください!!

 

 

債務整理・借金問題を弁護士に相談

返済地獄から速やかに救出します!!

借金の御相談

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

京都 借金相談

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

京都 借金相談
https://kyotosyakin.com

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

LINE@にて、お友達登録よろしくお願いいたします。

https://page.line.me/492iyygt?openQrModal=true

YouTube チャンネル にて、放映中です。

https://www.youtube.com/channel/UCd_T5ov-pYPnuviH2mKwVag

 

 

 

その他のコラム

ブラックリストとは?

債務整理をすると、そのことが事故情報として信用情報機関に一定期間登録されることになります。 信用情報機関とは、あなたのお金の貸し借りに関する記録を保有する機関のことで、銀行などが申込者を審査する際に利用されています。 いわゆる「ブラックリストにのる」とは、このことを指します。 ブラックリストに登録されている間は、クレジットカードの利用や作成、ローンを組むことなどができなくなります

債務整理にかかる裁判所の費用

  債務整理を行う場合、費用はどのようなものがどれくらいかかるのでしょうか。   もちろんどういった方法で債務整理を行うかによりますが、裁判所費用および弁護士費用が必要となります。   これらの費用は、裁判所・弁護士を利用して債務整理を行う場合に必要となります。   以下では、その中でも裁判所費用について取り上げたい

任意整理とは。

債務整理の方法の一つに任意整理があります。   任意整理とは、債務者が金銭を借りている債権者(業者等)に対し、月々の支払金額や利息等を下げてもらえるよう交渉するという方法です。任意整理は、返済に追われるあまり生活が回らなかったり、少額ずつ返済はできるが完済がなかなかできなかったり、利息が重すぎて元本部分が返済できなかったりといった場合に利用されます。 任意整理におけ

債務整理によるデメリット

  債務整理を行おうと考えた際にまず頭によぎるのは、「債務整理には一体どんなデメリットがあるのだろうか?」ということだと思います。 今回は、そんな債務整理のデメリットについてまとめていきます。 デメリットとしては主に、 ①一部の職業が制限されること、 ②保証人に対して請求がなされること、 ③事故情報として信用情報が登録されること、 ④官報に掲載さ

裁判所から通知が来た!! 今後の流れや対処法は?

  借金を滞納し続けていると、裁判所に訴訟や支払督促の申立てをされることがあります。 ある日突然裁判所から「特別送達」という郵便で訴状や支払督促申立書が届き、驚かれる方も多いでしょう。 裁判所からの呼び出しを無視し続けて判決や仮執行宣言付支払督促がでてしまうと、債権者はいつでもあなたの財産を差押えることができる状態になります。 差押えの対象となる財産はさまざまです

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

050-5362-7577

24時間対応(留守番電話受付)

LINEやWeChat、Skypeでの
御連絡、法律相談も可能です。

  • 共通ID

    hlawosakajp
  • LINE
  • WeChat
  • Skype
電話番号050-5362-7577 メール LINE