会社の破産手続きの流れ  |京都で債務整理、借金問題を弁護士に相談|都総合法律事務所

京都の債務整理借金問題を弁護士に相談

都総合法律事務所

初回相談無料!24時間対応!(留守番電話受付)

電話番号メールでのご相談

会社の破産手続きの流れ 

会社が破産する場合、次のような流れで手続きが進みます。

 

  • 破産手続き開始の申し立て

まず、破産をするためには、破産手続き開始の申し立てを行う必要があります。

そのため、申立てを行うために、大量の必要書類・資料を集め、申立書などの書類を作成する必要があります。

弁護士に手続きを依頼するのであれば、集めるべき書類の指示を受けることができ、申立書などの書類は弁護士が作成し、債権者からの督促も弁護士に対して行われることになります。

必要書類等の準備が整ったら、破産手続き開始の申し立てを行うことになります。

 

  • 破産審尋などによる破産手続き開始の決定

申立てを行うと、一般的には、破産手続きを開始するか否かを判断する破産審尋が行われます。

破産審尋では、裁判官が破産者と面談を行います。

ただし、一部の裁判所では、裁判官と申立代理人弁護士で協議を行う即時面接や、申立代理人弁護士と破産管財人予定の弁護士、裁判官の3者で面談する手続きなどを行っており、裁判所によって運用状況が異なります。

これらの手続きの結果、破産の要件を満たしていると判断されると、破産手続き開始決定が下ります。

 

  • 破産管財人の選任

会社破産の場合には管財事件しか存在しないため、破産手続き開始決定が下ると同時に必ず、破産管財人が選任されます。破産管財人とは、会社の財産や負債の状況を調べたり、財産を換価して配当を行ったりする者です。

 

  • 破産管財人による調査

管財人が選任されると、管財人に対して、会社の財産や負債に関する資料をすべて引き渡し、その後会社に届いた郵便物もすべて管財人に届けられることになります。

これらの書類や管財人による会社代表者との面談をもとに、管財人は会社の財産や負債の状況を調べたり、代表者に不正行為がないかを調べたりします。ここで財産や債権者を隠していることが明らかになった場合、破産手続きに支障が生じます。

 

  • 破産管財人による換価

また、破産管財人は、会社財産を徐々に現金化し、債権者に配当するための資金を貯めていきます。

すなわち、不動産や動産を売却したり、債権の回収を行ったりします。

 

  • 債権者集会

管財人が調査や換価業務を行うと同時に、裁判所で月に1回、債権者集会が開かれます。

ここでは、管財人が、財産の調査や換価の状況などについて、出席した債権者に報告します。

 

  • 各債権者への配当

換価業務が終了すると、管財人は各債権者に対して配当を行います。

管財人は法的な順序に従い、優先的に配当を受けられる債権者、一般債権者、劣後する債権者の順に配当を行います。

配当が終わると、管財人は裁判所に報告することになります。

 

  • 破産手続きの終了

配当も終了すると、破産手続きが終了します。

これにより、会社が消滅します。また、裁判所書記官の職権によって、破産手続き廃止や終了の登記が行われ、会社の登記も閉鎖されます。

 

会社の倒産手続は、複雑です。まずは、弁護士に御相談ください。

 

債務整理・借金問題を弁護士に相談

返済地獄から速やかに救出します!!

借金の御相談

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

京都 借金相談

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

京都 借金相談
https://kyotosyakin.com

 

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

https://www.bengo4.com/kyoto/a_26100/g_26106/l_435485/#pro1

https://legal.coconala.com/lawyers/1146

 

LINE@にて、お友達登録よろしくお願いいたします。

https://page.line.me/492iyygt?openQrModal=true

 

YouTube チャンネル にて、放映中です。

https://www.youtube.com/channel/UCd_T5ov-pYPnuviH2mKwVag

 

 

その他のコラム

会社の破産により会社自体に及ぼす影響

  会社が破産した場合、会社そのものはどのような状態になるのでしょうか。   1 会社の財産 会社が破産すると、会社のすべての財産・資産は処分・清算されます。 この財産・資産には、有形無形を問わずすべて含まれます。処分・清算は、裁判所が選任する破産管財人が行います。     2 会社の契約 破産した会社が

債務整理にかかる裁判所の費用

  債務整理を行う場合、費用はどのようなものがどれくらいかかるのでしょうか。   もちろんどういった方法で債務整理を行うかによりますが、裁判所費用および弁護士費用が必要となります。   これらの費用は、裁判所・弁護士を利用して債務整理を行う場合に必要となります。   以下では、その中でも裁判所費用について取り上げたい

会社・法人の「破産」と「倒産」の違い

会社が破産した、会社が倒産したという言葉を耳にすることが多いかと思いますが、ここで使われている「破産」「倒産」という言葉に違いはあるのでしょうか。 そもそも「倒産」は法律用語ではなく、会社・法人が経済的に破綻した状態を指す用語ですが、一般的には、「倒産」する方法のうちの1つが「破産」と言われています。 倒産には、 ①破産・特別清算、②民事再生・会社更生という2種類があります。

少額管財手続き

会社の破産手続きを進める場合、基本的に管財事件となります。 管財事件では、管財人が破産手続きを行いますが、その費用は破産者が負担する必要があります。 管財人にかかる費用は予納金として納めることとなっています。 予納金の額は負債額によって異なるものの、かなり高額になっています。 負債額が5千円未満であっても70万円かかりますし、負債額が100億円以上になると700万円かかりま

会社の破産手続きの流れ 

会社が破産する場合、次のような流れで手続きが進みます。   破産手続き開始の申し立て まず、破産をするためには、破産手続き開始の申し立てを行う必要があります。 そのため、申立てを行うために、大量の必要書類・資料を集め、申立書などの書類を作成する必要があります。 弁護士に手続きを依頼するのであれば、集めるべき書類の指示を受けることができ、申立書などの書類は

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

050-5362-7577

24時間対応(留守番電話受付)

LINEやWeChat、Skypeでの
御連絡、法律相談も可能です。

  • 共通ID

    hlawosakajp
  • LINE
  • WeChat
  • Skype
電話番号050-5362-7577 メール LINE