自己破産手続の流れ |京都で債務整理、借金問題を弁護士に相談|都総合法律事務所

京都の債務整理・借金問題を弁護士に相談

都総合法律事務所

初回相談無料!24時間対応!(留守番電話受付)

電話番号メールでのご相談

自己破産手続の流れ

今回は、自己破産手続が基本的にどのような流れで行われるかを紹介したいと思います。

 

最初に、受任通知を発送します。この通知後は、債権者は法律により債務者に対し督促をすることができなくなります。次に、申し立てのための準備を行います。具体的には、必要となる書類を用意したり、債権を調査したりすることとなります。これには2、3か月かかります。そしてその後の申し立てにより管財事件か、同時廃止かが決まり、開始決定がなされ、開始決定の2週間後に官報で公告されるという流れになります。

 

管財事件とされた場合は、2、3か月の期間内に管財人面談が必要に応じて行われ、管財人による郵便物や必要書類の調査が行われます。同時廃止とされた場合は、2カ月間債権者からの意見申述期間が設けられます。そして、管財事件の場合は債権者集会のために、同時廃止の場合は免責審尋日に、裁判所に出向くことになります。

 

債権者集会または免責審尋の1週間後に免責許可決定がなされ、この決定の2週間後に官報に公告されます。官報による公告がなされてから2週間以内に不服申し立てがなければ免責が確定することとなります。

 

債務整理・借金問題を弁護士に相談

返済地獄から速やかに救出します!!

 

借金の御相談

 

夜間・休日相談、オンライン相談も承ります。

年中無休・24時間予約受付

 

京都 借金相談

都総合法律事務所 弁護士 高谷滋樹

 

 

京都 借金相談
https://kyotosyakin.com

 

 

都総合法律事務所
http://miyakosougou.kyoto.jp

 

https://www.bengo4.com/kyoto/a_26100/g_26106/l_435485/#pro1

 

https://legal.coconala.com/lawyers/1146/specialty/4#anchor__profile

 

 

LINE@にて、お友達登録よろしくお願いいたします。

https://page.line.me/492iyygt?openQrModal=true

 

 

YouTube チャンネル にて、放映中です。

https://www.youtube.com/channel/UCd_T5ov-pYPnuviH2mKwVag

 

 

 

その他のコラム

債務整理手続きの特徴および違い

債務整理手続きには大きく、任意整理、個人再生、自己破産の3つの手続があります。 それぞれの手続には、どのような特徴や違いがあるのでしょうか。   ① 借金の額について どの手続きにおいても、借金元本を減らせる可能性があります。 しかし、個人再生・自己破産については、確実に減額できますが、任意整理については、減額できない可能性もあります。 また、借金をゼ

官報の掲載のタイミングと掲載内容について。

  官報という一般的に誰も読まない政府発行の新聞がありますが、   自己破産をしたときには、「破産手続開始決定時」と「免責許可決定時」の2回、官報に掲載されます。   個人再生では、「個人再生手続開始決定時」と「書面決議に付する旨の決定時」、「再生手続許可決定時」の3回です。   官報に掲載される主な内容は、氏名

裁判所から通知が来た!! 今後の流れや対処法は?

  借金を滞納し続けていると、裁判所に訴訟や支払督促の申立てをされることがあります。 ある日突然裁判所から「特別送達」という郵便で訴状や支払督促申立書が届き、驚かれる方も多いでしょう。 裁判所からの呼び出しを無視し続けて判決や仮執行宣言付支払督促がでてしまうと、債権者はいつでもあなたの財産を差押えることができる状態になります。 差押えの対象となる財産はさまざまです

自己破産手続の流れ

今回は、自己破産手続が基本的にどのような流れで行われるかを紹介したいと思います。   最初に、受任通知を発送します。この通知後は、債権者は法律により債務者に対し督促をすることができなくなります。次に、申し立てのための準備を行います。具体的には、必要となる書類を用意したり、債権を調査したりすることとなります。これには2、3か月かかります。そしてその後の申し立てにより管財事件か、

自己破産をすると今の仕事にどんな影響がでるの?

自己破産が会社に知られてしまっても、それを理由に解雇されることはありません。 降格や減給の原因にもなりません。 もし会社が自己破産を理由に解雇をすることがあれば、不当解雇となり会社側が罰せられることもあります。   ただし、次に挙げたような一定の資格を有して仕事を行っている人、一定の職業についてはそのまま仕事を継続できない場合があります。 士業全般 弁護士、

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

夜間・休日でも相談可能!24時間受付!

050-5362-7577

24時間対応(留守番電話受付)

LINEやWeChat、Skypeでの
御連絡、法律相談も可能です。

  • 共通ID

    hlawosakajp
  • LINE
  • WeChat
  • Skype